本文へジャンプ
  
福島県湯川村サイトマップお問い合わせ文字サイズ
大きく標準小さく
暮らし・環境福祉・健康教育・文化観光・産業むらづくり行政情報
現在位置:HOMEの中の教育・文化の中の史跡・文化財

史跡・文化財

勝常寺

 勝常寺は807年、伝教大師(最澄)の論敵として有名な法相宗の硯学徳一上人によって開かれた東北を代表する古刹です。創建当初の寺院名は詳らかではないが中世以後勝常寺としている。創立された当時は七堂伽藍が備わり、多くの附属屋、十二の坊舎、百余ヵ寺の子院を有する一大寺院であったと伝えられています。
 現在残されている建物は元講堂(薬師堂)、本坊(客殿)、庫裏、中門等で仏像も三十余躯あります。


【代表的な仏像】
国宝薬師如来坐像平成08/06/27
国宝指定
国宝月光菩薩立像平成08/06/27
国宝指定
国宝日光菩薩立像平成08/06/27
国宝指定
国重文聖観音菩薩立像昭和02/04/25
国指定
国重文十一面観音菩薩立像明治36/04/15
国指定
国重文虚空蔵菩薩立像昭和04/04/06
国指定
国重文地蔵菩薩立像
(延命地蔵尊)
昭和02/04/25
国指定
国重文地蔵菩薩立像
(雨降り地蔵尊)
昭和04/04/06
国指定
国重文四天王像昭和02/04/25
国指定
国重文薬師堂
(通称会津中央薬師堂)
明治36/04/15
国指定
薬師如来坐像
薬師如来坐像

<勝常寺拝観>  地図
 期間:4月1日~11月15日
 時間:午前9時~午後4時

拝観については、直接勝常寺へお問い合わせください。
電話 0241-27-4566

勝常念佛踊り(湯川村無形民俗文化財)

 勝常寺念佛踊りは会津では一般に「会津念佛踊り」といわれ空也上人(900年~970年)の頃から始まり、一遍上人(1239年~1289年)の頃に盛んになりました。
 踊りは念佛を唱えながら夢中になって踊り狂うのが本来の姿であるといわれています。念佛踊りの開祖は法然上人とも言われていますが、一遍上人の世に無学の民衆に伝えようと太鼓、鉦に拍子を合わせ、手を舞い足を踏む踊りを信仰と供養に導き、併せて天下泰平と五穀豊穣を祈願しています。

念仏踊り写真
 
勝常寺念仏踊り

北田城跡(湯川村指定史跡)

 本城跡は、北田集落の北方約1キロメートル、日橋川と湯川との合流点の南西一帯の河原より5メートル高い河岸段丘上にある平城です。
 当時城は佐原次郎広盛が1193年に築いて居住し、北田氏と称しました。その子孫が216年間代々ここに住して勢威を振るいましたが、1409年6月3日、六代目上総介政泰に至り、葦名修理大夫盛政に攻め滅ぼされました。


地図

北田城跡写真
北田城推定復元図
 
北田城推定復元図

浜崎城跡(湯川村指定史跡)

 本城跡は、中世から近世にかけて会津盆地のほぼ中央、米沢街道の要衡でありました浜崎村に築城されました。現在、城跡は村の東側にあり北を日橋川が西流して会津北部を押さえる位置にあり重要拠点でもありました。


地図

浜崎城跡
浜崎城絵図
 
浜崎城絵図

湯川村文化財一覧表
関連情報
ひと言アンケート
このページの情報は役に立ちましたか?



 
トップへ戻る
福島県湯川村このサイトについて