本文へジャンプ

湯川村

文字サイズ

 

背景色

現在位置:HOMEの中の暮らし・環境の中のゴミ・環境から「キエーロ」について

「キエーロ」について


微生物の力で生ごみを分解!キエーロを始めてみよう!!

 現在、村ではキエーロのモニター事業を行っており、
 参加者を募集しています。
 
 応募締切:令和6年7月31日(水)


 ⇒ 詳細は
キエーロモニター事業チラシをご覧ください。

   応募用紙はこちらからダウンロードしてください。


★キエーロって何?
 
 ⇒土中に存在する微生物の力を利用した生ごみ処理容器です。
  
  生ごみは水と二酸化炭素に分解されます。
  コンポストと違い、堆肥ができないため処分に困ることはありません。
  
  ※「キエーロ」はキエーロ葉山の登録商標です。

 
 ★身近な材料で簡単に作れます!
 
  ⇒容器に土を入れ、透明なフタを被せるだけです。

   温度に依存しているため、日当たりのよいところに設置しましょう。
   
   ◎容器:衣装ケース、プランター、木箱など
   
   ◎土:庭や畑の土でも何でもOKですが市販の黒土がオススメです。
      粘土質のものや砂、砂利などは適しません。

   ◎フタ:太陽の光を通す、透明な素材のもの


 ≪よくある質問≫
  
  Q.土に何か特別な菌を入れるのですか?

   ⇒A.土の中などにもともといる微生物が生ごみを分解しますので、
      菌を別途投入する必要はありません。

  Q.分解しにくい生ごみはありますか?

   ⇒A.分解のはやさは、ものにより異なります。
     分解がはやいもの:肉、魚、調理済のもの、麺類、廃食用油など
     分解が遅いもの:新鮮な野菜や果物の皮、根菜類、卵の殻など
     ほぼ分解されないもの:貝類、大きな骨、大きな種、玉ねぎの皮など

  Q.通年使えますか?

   ⇒A.微生物の活動は温度に依存しているため、気温が低くなる冬場は
     分解速度が低下します。

  Q.分解をはやめる方法はありますか?

   ⇒A.使用済みの天ぷら油や米ぬかなどを加えると、微生物の働きが
     活発になり、分解が進みやすくなります。



お問い合わせ先
  • 住民課 ほけん係 電話0241-27-8830