本文へジャンプ

湯川村

文字サイズ

 

背景色

現在位置:HOMEの中の教育・文化の中の幼児・学校教育から保育所 保育目標

一言アンケート

このページの情報は役に立ちましたか?



 

保育所 保育目標

           
保育目標


健康なこころ   健康なからだ




保育所保育理念・基本方針

◎教育・保育の理念
 保育所は、乳幼児の最善の利益を考慮し、生涯にわたる人間形成の基礎を培う極めて重要な時期にその生活の大半を過ごすところである。
 従って、家庭や地域社会と連携を図り、保育者は多様な価値観を尊重し合っての親育ち、豊かな愛情を持ち安全に配慮しながら、主体性が育つ物的・人的環境のもとでの子どもの育ち、保護者が安心して預けることができる乳幼児保育を行う。


◎教育・保育の基本方針
①あたたかい見守りの中で、心地よく過ごせる環境構成をしていく。

②一人ひとりの良さを伸ばせるように育ちを援助していく。

③家庭との連携を図り、信頼関係を築き子育ての楽しさを共感しあう。


◎年齢別保育目標
★0歳児
 保育者との愛着関係から安心感を育み、愛情あふれる温かなかかわりを受けながら、生命の維持と情緒の安定を図る。

★1歳児
 保育者との信頼関係のもとで、安心して自分でしようとする気持ちの芽生えや言葉との出会いを大切に育む。

★2歳児
 信頼を寄せる保育者との安定したかかわりの中で、様々な欲求を満たすと共に自我の芽生えを大切に育む。


◎保育内容
①集団生活を楽しみながら基本的生活習慣を身につけ、個人・集団が共に成長できるように、各年齢に応じた指導計画をもとに保育をしていく。

②子育ての主体は、親(保護者)であることを基本とし、保育所と親とが一体となって人間性豊かな子どもに成長できるように努める。

③自立心を養うため、できることは自分の力でするように援助していく。